2021年6月23日水曜日

エンパシー、シンパシーⅡ!

以前、当ブログに『シンパシーとエンパシー』というタイトルで「エンパシーとシンパシーの違い」について投稿させていただきました。

⇒『シンパシーとエンパシー』  2020年10月29日木曜日 

 
当ブログを閲覧してくださっている患者さんから、難解で分かりにくいとのご意見を受けて、今回のブログでもう少し分かりやすく?説明したいと思います。

【シンパシー】
・自閉スペクトラム症サイド(アスペルガー症候群、高機能自閉症も含む)
自分という心の中に、生来、他者の心がない、又は乏しいため、相手から感情的に怒られても、すごく嫌な気持ちになるという共鳴(※)はするけど、どうして、ここまで相手を自分は怒らせてしまって、相手の感情をどうすれば落ち着かせることが自分にできるのか?という、人と人を介した感情や言語で論理的、感情的に共有していこうという「エンパシー」としての共感的な対応が出来ない、又は出来にくいのです。
(※ これは本人自身の中で生じるものであり、共感という他者を介して共有していくものではない)


やはり難解だと言われそうなので例をあげると、自閉スペクトラム症の児童に対して、その児童の母親がイライラして叱責、注意すると、自閉スペクトラム症の児童には、母親のイライラが最初に 自分の心に飛び込んできて、そこで「シンパシー」で感じて、混乱、パニック、癇癪を生じてしまうので、母親が懸命に伝えたい思いや内容が、本人には届かないのです。

【エンパシー】
・母親サイド
一生懸命、自分の気持ちや言葉で「愛情としての想い」を伝えたいのに、どうしていつも我が子には「母親の愛情としての想い」が伝わらないのか?という「エンパシー」と「シンパシー」の、共感の仕方にすれ違いが生じてしまうのです。


だからこそ、発達障害の子に親がどう関わると効果的か?という「ペアレントトレーニング」や、発達障害の人に対しての関わり方の根幹が、この「エンパシー」と「シンパシー」といったコミュニケーションでの相互の共感の性質の違いを認識しておくことが重要なんです。


やっぱりわかりにくいでしょうか?
次回も引き続き「エンパシー、シンパシーⅢ!」で説明してみます。

2021年6月16日水曜日

自分自身のトリセツは必要!

 診察場面で「自閉スペクトラム症です」や「アスペルガー症候群です」と診断を伝えても、患者さんの理解度はそれぞれです。


普段よく耳にする病名や身近な人が罹った病気の場合では多少何かしらの知識をお持ちです。
ところが「アスペルガー症候群です」と言われても、 患者さんはなかなかピンと来ていない様子であったり、または、こちらが思っている以上に知識が共有されないということが多いです。
さらに発達障害は、非常に裾野が広く理解しにくいのです。 


そのため当院では発達障害の傾向があれば、なるべく心理検査などの心理アセスメントを受けてもらって特性を説明したり、地域にある発達障がい者支援センターにいって相談してもらったりと様々です。

少なくとも当院で出来るアセスメントをして、患者さん自身の「トリセツ」の役目が果たせるようにしたいと思っています。

自分自身の「トリセツ」があった方が、自己理解しやすいし、周囲にもわかってもらいやすいし。

発達障害の支援は「解決よりも理解!」そこが大事になってくるので、出来るだけ理解促進的になれるように診療していこうと思っているところです。

2021年6月9日水曜日

自分が自分らしくいること、そして他人が他人らしくいることだけで、私は幸せを感じる

今回のブログのタイトルは、アメリカの臨床心理学者であるカール・ロジャーズが遺した言葉です。
アメリカはもとより日本でも心理療法家にとっては、もっとも影響のある人物の一人だと思います。

ロジャーズは、長期的な人間関係において、自分らしくないように演じることは何も生み出さないと説きました。
自分らしくいないと自分を拒絶することになるので、幸せになれないのです。

僕が診察場面で感じるのは、患者さん自身を中心にとりまく外界において、社会的な仮面を身にまとった状態で過剰適応的に頑張っておられる方が多いことを実感しています。
その過剰適応の「過」は、結局のところ自己否定です。
素の自分を認められないから違う自分を作り出して頑張るみたいな、いわゆる「ペルソナ化」(社会的仮面化)です。

ロジャーズは、「自分自身という存在を受け入れることが変化の基本です」と説いています。
自分が誰なのかをしっかり見極めて、自分自身を知ることが人としての成長のカギとなるのです。
だからこそ、医療的な診断として「アスペルガー症候群」などの発達障害の診断をし、患者さんは診断されることで一時的には落ち込んだとしても、段々自己理解し自己受容が進んでいくにつれ患者さん自身の中で「これは特性なんだから無理まではしなくてもいいんだ」と、自分自身を認め始めていきます。

治療者が患者さんと目指すのは、解決ではなく、まず理解。
自分自身を受容したとき、人間には変化と成長が起こる。治療者は、クライエントを無条件に受容し、尊重することによって、患者さん自身も自分自身を受容し、尊重することを促すのだと
ロジャーズは説かれました。
ロジャーズが言うように「治療者は、患者さんを正そうとするな、理解しようとせよ!」ですね。


これがなかなかできていない自分のためにブログにアップしておきます。

2021年6月2日水曜日

しんどい時にする自分への評価法は減点法より加点法!

患者さん自身がしんどい状態にも関わらず、減点法で自己評価している傾向が強いな~、と診察場面で感じることがあります。

心が弱っている状態の時に『自分自身のどこができていないのか?』『どこがダメなのか?』をメインな視点で自分自身をみていく習慣がついていくと、自分を否定してばかりになりやすいし、自分自身の周囲の人に対しても、そうした減点法での評価をしてしまいやすくなります。

そうなると、自分にも周囲の人にもダメだしが増えて、双方でしんどくなるという悪循環が生じます。

そこで反転して、自分や周囲の人にも思い切り設定を下げてみると『自分自身や相手のできているところ』や『頑張っているところ』に目が向くようになり、自分を褒めれるようになったり、周囲の人を褒めたり、認めたりしやすくなります。
このように加点法で見ることで、一歩一歩着実に前進しやすくなります。

減点法で自分自身を見て、苦しんではいませんか?
『自分自身をどのように見ているかな?』今日1日を振り返ってみてください。
加点法で見れるようになると『ここができているなら、こうしてみようかな?』と得意を活かした工夫ができるようになっていきやすいです。
しんどい時、病んでいる時は、加点法にしてください。
反対に、自分自身の主体性、健全性が高まってきたら、成長していくために減点法が有効となります。
元気な時、もっと成長していきたい、その目標が明確な時には、減点法が有効だと思います。

お笑いタレントの明石家さんまさんが「生きているだけで丸儲け!」だと言ってくれてますよね。
息している、心臓を動かせている自分をまずは褒めて認めていく。
何をするにも、まずはそこからです。 

2021年5月26日水曜日

人の『好き』『嫌い』と感じる成り立ちについて

 満員電車で、カッコいい、いわゆるイケメン男性が女性にぶつかっても、露骨に嫌な顔をされたり痴漢と疑われたりすることは、あまりないですよね。

一方、見た目が良くない冴えないオッサンが同様に満員電車で女性にぶつかると、痴漢だと疑われる確率はおそらくぐんと上がりますよね。


そのメカニズムは、イケメン男性(相手からしたら感じのいい人)を、女性は『快』の信号を脳で感知し ⇒ 安心 ⇒ 善意 と感じられるのかもしれません。

反対に、見た目が良くない冴えないオッサンは、不快と感じ ⇒ 恐れ ⇒ 嫌悪感 を感じるのだと思います。


これは意識で生じてくるものではなく本能的なものなので、双方にとってもどうしようもないところでもあります。

だからこそ「人は見た目や所作が大事になってくるな~」と思うけど、なかなかそこに僕自身が意識がいかなくなってきています。。。

だから「それがおっさんなんです~」すみません!

2021年5月19日水曜日

対人関係で大切なキーワードがアスペルガー症候群

 僕は精神科医、児童精神科医として日々診療していて、精神疾患の多くが対人の相互作用での悪循環による影響が非常に大きいということを感じています。

その際に、患者さん自身の基盤にある知的な能力、アスペルガー症候群の特性が、対人面において大きな影響を及ぼしているということを実感しています。


知的な能力が低いと問題に対して分析する力が低くなったり、偏った視点で判断してしまいやすくなります。

次に、対人面で大きな影響を与えているのが、アスペルガー症候群という特性です。

つまり、相手の立場になって心情を想像することが苦手なため、どうしてもコミュニケーションが一方的になることが多く、自分の内的な感情や抽象的な理解や表出が苦手で、いわゆる社会的には「KY(空気を読めない人)」となってしまいます。

また、アスペルガー症候群の特性があると、受け入れ幅は狭く、こだわりが強く、相手が自分の思ったようにしないと一方的に責めてしまいがちです。

その反面、他者の心を読み取る力が乏しく、責められることに対しては苦手なため、相手が自分のことを責めてくると、受け入れ難く、相手に対して心を閉ざしてしまいます。


このようにコミュニケーションの相互性の困難さやこだわりの強さ、臨機応変な対応ができにくいことで柔軟で円滑な対人交流になりにくく、対人面での悪循環が生じやすいのです。

その結果、トラウマなどに発展したり不適応状態となりやすく、夫婦関係、親子関係、友人関係、仕事関係などあらゆる対人面での関係性で破綻が生じやすいのです。

そうした破綻している状態で精神科などの医療機関を受診し、状態像だけの診断名として、うつ病、躁うつ病、不安障害、アルコール依存症、強迫性障害、統合失調症、社会不安障害など様々な診断名がつくということになることが結構多いと思います。


上記で実感として述べているいるように、その根底としての基盤にアスペルガー症候群という特性がある人がかなり多いということが僕なりの視点となります。

そうした視点を念頭におくと、アスペルガー症候群の特性に本人も、その周囲の人も合わせて生活していく支援が大事になってくるということと同時に、僕の役割としてはアスペルガー症候群の特性を診断していき『変えられること』『変えられないこと』を見極め、患者さんやそのご家族と共有していき、少しでも患者さんが生きやすい方法を一緒に考えていくことが大事な治療になります。

その大切さと責任を日々感じながら、診療をしているところです。

2021年5月12日水曜日

GWは、両親と会ってきました~

緊急事態宣言に伴い外出や移動の自粛が求められるなか、コロナ禍で迎える2度目のゴールデンウィークでしたが、僕は大阪府民であり医療従事者でもあるため、ゴールデンウィークをどう過ごすか?がテーマでした。

唯一のイベントとしては、大阪府内の実家に帰省し両親と昼食を一緒に食べました。
父は、77歳の現在も自宅の和室を改装して、一線は引きながらも作田整骨院(ちなみに、開院して50年!になります。)をしています。
父は仕事をずっと真面目にしてきた人なので、息子の僕としては仕事をやめることの方が心配です。
幸い父はまだ働ける状態なので、80歳までは一先ずこのまま仕事を続けて欲しいと、僕としては勝手に思っています。

その食事の時に、母は
「子ども達も、全員、立派に育ってくれて、また家族で仲良くこうして食事をしたりして、明日は、僕の兄と両親で一緒に買い物に行ったりする予定だったりで家族仲がよくて嬉しい。
人生いろいろあったけど、終わりに差し掛かり考えてみると、あっという間だった。でも、終わりよければ、全て良しやわ~。
子ども達も、自慢の子ども達で、みんな、しっかり育って生きてくれて、お母さんもお父さんも嬉しいです。」

と話していました。

僕も年老いて両親のように人生を振り返った時に、後悔のないように今与えられた役割を果たして、最終的に母が現在感じているような心境に至りたいなと思いました。

そのためにも、今やれることをちゃんと取り組んでいきたい。
そういう想いになったのが、僕のGWでした。