2020年3月26日木曜日

親御さんからの質問で、自分の子供時代を思い出しました

新型コロナウイルスの感染拡大予防で全国的な小中学校の臨時休校が続く中、診察室で子どもたちに「どう過ごしている?」と訊くことに何となく複雑な思いと違和感を感じながら、子供たちの回答を待っていると「ゲーム、ユーチューブ、スマフォ~」という感じで、外出の自粛も求められている状況で多くの子供たちはエネルギーを持て余している感じがします。

世相的にみてもそうですが、スマートフォンやタブレット端末に触れる時間が増えているなか、親御さんたちからこういう質問をされることがしばしばあります。
「いくら言っても勉強はちょっとしかしないし~、どうやったら子どもは自分から勉強するようになりますか?」

これはなかなか難しい質問で、どうしても自分の経験というか、自分が子どもの頃はどうだったかな?と、自分の子供時代を思い出してのことをお話しするというかたちになってしまいます。
しかし、自分の子供時代を思い出してみると、親に「勉強しなさい」と言われた記憶がほとんどありませんでした。
それを親御さんに伝えると、「それは先生は言われなくても、自主的に勉強してたからでしょう~?」と言われます。

何の自慢にもなりませんが、僕は、子どもの頃はそんなに勉強はしていません。
ただ、僕の両親は、僕がサッカーを習いたい、塾に行きたいと言ったら、行かせてくれました。
せっかく「行きたい」と言って行かせてくれた習い事を数ヶ月で「やめたい」と言ったら、それも、やめさせてくれました。

今振り返り考えてみると、とにかくやりたいようにさせてくれていたように思います。
両親は共働きで、それに末っ子である僕には「自由にやりたいようにしてくれたらいい」というスタンスだったのかな?とも思います。

高3の進路選択の時に医者になりたいと言い出して、その後3年間も浪人生活をさせてもらいました。
僕のしたいと言ったことを、親は不安そうな眼差しで、でも、いつも両親は応援をし続けてくれました。

残念ながらといいますか、力及ばずといいますか、親御さんたちの「どうすれば子供が自発的に勉強をするようになるのか?」という質問に対する明確な回答は持っていませんが、僕個人がその質問をされ、僕が親にしてもらったことといえば、勉強をする環境を整えてもらい、信頼し見守ってもらっていたな、と思います。
それは今でこそ、そう感じ表現できますが、子供の頃は到底その親の気持ちを察することなどできませんでした。
成長していく中で、 何となく信頼して任せてもらっていることに気付き、何となくその期待にこたえようと自発的に思えたような気がします。

僕が、浪人時代も家で勉強した姿をほとんど見ていない両親でしたが「勉強しなさい」と言わずに見守ってくれていた親と同じように、親となった今の僕も出来るのだろうか?と考えることもありますが、僕が精神科医になったときも、さくメンタルクリニックを開業したときも、親には事後報告になってしまいましたが、今でも変わらず応援してくれています。 



2020年3月19日木曜日

誰のためか

どうもお久しぶりです。
ブログを久しぶりに更新します。

さて、唐突ですが、毎日診察室で患者さんと 向き合っている日々の中で、自分にとって「働くということの意味を考えることがあります。
そのような時に自分にとって支えになっているエピソードの一つで元シアトルマリナーズのイチロー選手とソフトバンクの王貞治球団会長との鮨店での一場面があり、それを今回は紹介させてください。

鮨店での会食で、イチロー選手が王監督に、
現役時代、選手のときに、自分のためにプレーしていましたか、それともチームのためにプレーしていましたか
と訊ねたそうです。

すると、王監督は即答したそうです。
オレは自分のためだよ。だって、自分のためにやるからこそ、それがチームのためになるんであって、チームのために、なんていうヤツは言い訳するからね。オレは監督としても、自分のためにやってる人が結果的にはチームのためになると思うね。自分のためにやる人がね、一番、自分に厳しいですよ。何々のためにとか言う人は、うまくいかないときの言い訳が生まれてきちゃうものだからな
イチロー選手は小さな声で「ありがとうございます」と言って、頭を下げたそうです。

このやりとりを聞いて、僕自身は楽になりました。
僕自身のこのやりとりでの理解として、働くということの基本は、まず自分のためだということです。
自分を大切にして、その周囲の人を大切にして、その延長線上に社会的に働く、役に立つという理解です。

診察場面で、患者さんの中には自己否定感情が強く、自分は働いていないし世の中の人に役になってないから生きる価値がないんですと話されることがあります。
僕は、患者さんには「自分を大切に思う気持ちが、ちゃんとあなたの中で芽生えてくるまでは、働かないで欲しい。自分を大切に思えない人が、働くのは、逆に危険です。」と返答することもあります。
働き方は、あくまでも自分を中心に考えて自分と向き合う。(それはもちろん、自分の生活のためでもあり、自分の家族のためでもあります。)
僕自身においても、あくまで自分のために仕事をしていると考え、自分が納得のいく診療をしたいと思っています。
それが結果的に、患者さんの役に立てると信じています。
同時に、僕は治療者として自分の伸びしろに期待しています。
これからも少しずつですけど、治療者として成長していきたい。
でも反対に、自分の技量が落ちたり、治療の質が低下したら、自分で判断してやめたいと思います。
それも、あくまで自分のためにです。



2020年1月9日木曜日

新年 ≒ 信念 の挨拶

新元号の令和になって初のお正月を迎えました。
明けまして おめでとうございます。

おかげさまで、当院も開院して今年で3年目の年始を迎えることができました。
それもこれも、皆様のご支援があってこそです。
この場をお借りして厚く御礼申し上げさせてください。
「本当にありがとうございます。」

私自身、当院を開院した際に3年後を見据えた計画を立てており、診療や運営、経営などを含めた総合的な面での診療スタイルを確立していきたいと思っていました。
昨年の課題をしっかり認識し、スタッフと共有し、開院時から目指している方向に向かって前進していきたいと思います。

本年も、さくメンタルクリニックを、何卒よろしくお願い致します。






2019年12月5日木曜日

お知らせ

新元号となり皇位継承に際して行われる一連の宮中祭祀も行われておりましたが、平成から令和に変わった今年も残すところ後1ヵ月となりました。
また、昨年(2018年)までは12月23日は天皇誕生日の祝日でしたが天皇退位後は平日となる為、12月は年末年始を除いて祝日が無くなってしまいましたね。
因みに来年(2020年)は、新天皇の誕生日は2月23日で6月と12月で祝日がありません。

当クリニックも開業して約2年数ヵ月が過ぎ、今年で3度目の年末を迎えます。
今年1年を振り返り最も大きな反省点として、今年は1度も「地域セミナー」を開催できなかったことです。
患者さんやそのご家族の皆様には、診察やカウンセリングでサポートすることを常に念頭に置いていましたが、その後方でサポートされている地域(学校や役所、児童相談所や療育や放課後児童デイなどの関係者)の方々に対して、 当院で開催する 「地域セミナー」を通して、 少しでも精神科の薬物療法や、心理教育などの情報を共有できればと思っていました。
私自身がクリニックを開業するにあたり定期的に行っていこうと決めていたことの1つなので、言い訳をたくさん言いたい気持ちではありますが、開業1年目には開催していた「地域セミナー」を継続して開催できなかったという意味も含めて猛省しております。
来年は、地域医療をさらに意識し、児童精神科を中心として家族を支える訪問看護との連携もより緊密にしていくことを念頭に置き診療をしていきたいと思います。
また、私自身の診療や当院心理士のカウンセリングにつきましても、今後もさらなるレベルアップをしていきたいと考えています。

それに伴い、現状の診療体制の変更が必要と判断しました。
具体的には、令和2年2月からは、第2、第4(偶数週)火曜日は午前の診療のみに変更させていただくこととしました。
当院は土、日、祝日は診療しておらず平日も夜遅くまで診療をしていないなど、ただでさえご不便をおかけして申し訳ないのですが、当クリニックが今後治療的に成長していくためには必要なことと判断しております。
ご了承の程、よろしくお願いいたします。 

来年の目標は、診療の改善点として上記にもありますが、私自身の診療の質の向上のための時間をこれまで以上に持ち、また当院の心理士と精神科医である私との協同による相乗効果の治療で効果をよりあげていけるようにしていく時間をとろうと思います。
そして当院と連携している訪問看護ステーション(児童精神科の訪問看護)との連携をさらに密にしていき、来年度こそは当院で「地域セミナー」を開催して、学校の先生や役所の子育て支援課の方、療育などでサポートしているスタッフなどにも情報を共有していくことで、患者さん、そのご家族や地域をサポートするという開業時からの目標に少しでも近づけていきたいと考えています。
また、私自身としては来年厄年なので、自分の健康管理をより意識し自分の家族をサポートする時間をもう少し増やして、家族の健康も増進できるようにサポートしていきたいと思います。 

令和2年9月で3年目を迎えます。
このクリニックを開業時、開業して3年で何とか目指していたことを具現化していきたいと考えていました。
そのために、やるべきことを自分なりに判断していきたいと思います。
このクリニックでは、 これからも医師は私だけでやっていこうと考えています。
どうしても私自身が対応できる人数しか診療はできないため、同時にたくさんの患者さんを診療することはできません。
そのために、現在はやむを得ず初診を制限せざるを得ない事態となっております。

当院ご利用の患者さんには大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒、ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。




2019年12月2日月曜日

年末年始の休診日のお知らせ

令和元年
・12月28日(土)休 診
・12月29日(日)休 診
・12月30日(月)休 診

・12月31日(火)休 診
平成2年
・1月1日(水)元 旦
・1月2日(木)休 診
・1月3日(金)休 診
・1月4日(土)休 診
・1月5日(日)休 診
1月6日(月)より通常診療いたします。
ご了承の程、よろしくお願いいたします。

2019年10月24日木曜日

予約時間・予約変更・診察時間についてのお知らせ

開業して2年が経過し、たくさんの方に通院いただいています。
「待ち時間が長くなる」場合が多くなってきましたので、改めて当院では診察時間の枠組みを明示することとしました。


◎予約時間について

--------------------------------
予約時間につきましては目安の時間になりますので、ご了承ください。
(例えば10時予約ですと、10時 ~10時半までの枠となります)
・基本は予約時間帯毎にお越しいただいた順番で診察させていただきますが、内容や状態によって前後する事もあります。
・予約時間よりかなり早く来られた場合でも予約時間帯毎ですので、予約時間枠通りに来られた方を優先し診察させていただきますのでご了承ください。


◎予約変更について

--------------------------------
当院では、前もってご予約をいただいている方の診察時間を優先しております。
そのため、急な日程変更や当日来院のご要望は、薬が無くなった等のご事情があったとしても、お受けできないことがあります。
ご理解・ご協力のほどお願いいたします。


◎診察時間について

--------------------------------
・初めて診察される方はおよそ30分
・2回目以降の診察はおよそ5分~10分


少しでも楽になっていただきたいという考えは開院当初と変わっていません。
限られた時間で一人一人の方と治療的に向き合うため、当日「伝えたい」「確認したい」内容を簡単に予約表等へメモしてきていただけるとスムーズにお話しができます。
「何から話せばよいのか…」「言いたいことが上手く伝えられない」等ご不安な場合は『一番気になっている・聞きたい事』を書いたメモをご参考に診察時お話ください。

「1ヶ月に一度の通院だと話す事がいっぱいありすぎて時間がたりない、もっと話を聞いてほしい…」というお声もいただいています。日常のストレスをためすぎるとしんどくなってきます。ご負担でなければ3週間に1度、2週間に1度という風に周期を短くして都度肩の荷物をおろしていってください。

また、当院では心理士のいる曜日がありカウンセリングをおこなっています。
伝えきれない事や、医師には話にくい事でも心理士になら話せる事があるかと思います。カウンセリングについて料金や日程等、受付へお気軽にお尋ね下さい。
来院自体が初めての方は診察からになりますが、2回目以降はカウンセリング予約をとっていただき当日おこしください。カウンセリングのみ希望で診察が必要ない場合はご予約時・もしくはカウンセリング開始までに受付へお申し出下さい。
※ ただし、お薬が必要な時は必ず診察をおうけ下さい。



2019年10月10日木曜日

医師になろうと思ったきっかけ

前回のブログでは、精神科医を選択したきっかけについて少しご紹介させていただきましたが、今回の内容も前回同様「先生は、なんで医師になろうと思ったんですか?」と患者さんに聞かれることがあるので、今回はもう少しさかのぼって医師を志したきっかけについて少し触れさせていただきたいと思います。

僕が医師になりたいと最初に思ったのは、小学生の低学年の頃でした。
それは、自分の曾祖母の遺体を初めて見たことがきっかけでした。
あまり意味も解らず両親に連れられていったお通夜で、顔にそっと白い布を置かれた曾祖母らしき人が布団に寝ていました。
幼かった僕は全く何も考えず、その白い布をとり、曾祖母だと確信したと同時に亡くなっていることを直感的に感じ、びっくりして母のもとにかけよったことを今でも鮮明に覚えています。

身近な人の「死」というものを直面したその夜、幼いながら初めて「死」というものについて考えました。
まず、自分もいつかその日がくるということを考え、そして先に両親にもその日がくるということを考えると、為す術の無い恐怖で怖くて怖くて眠れず、両親の布団にもぐり込み両親の間に挟まりながら何とか少しずつ気持ちが安心していくのを感じ、ようやく眠れたことを思い出します。

その日以降「死」を意識するようになり、その影響で同時に自然と「生きる」ことも意識し、人間的に成長していける仕事に就こうと漠然と考えるようになったのです。
なので、幼かった当時の僕は、現実に触れることのできる距離で身近な人の亡骸を目の当たりにし「死」を意識させられたことが最初のきっかけで「生」を意識し、その延長で「仕事」を意識するようになり医師という職業に直結していったのかもしれません。

もちろん、きっかけを振り返ったときのこじつけととらえる事もできますし、その後、色々なモノの影響があったりするので全てではありませんし絶対確実なものでもありません。
あくまで、40歳の今の自分が振り返り語っているので、多分に脚色が入っているような気もしますが、その出来事で子どもの頃に眠れぬ夜を過ごし、多少かもしれませんが、それ以降の人生に影響があったことは事実です。