2021年12月1日水曜日

ペルソナとシャドウ

もう15年も前になりますが、僕が研修医だった頃のお話になります。
研修医というのは、ほぼ例外無く約2年の間に各診療科目を数ヶ月単位でローテートしていきます。
学校の時間割の授業という感じではなく、いつからいつまでは外科、そして次の期間は内科、そしてその次の期間は精神科...という具合で各科を転々とします。

色々な科を研修していくなかで、特に苦手意識を感じたのは外科での研修期間でした。
ですが当時は、何とか雰囲気に溶け込もうと自分の中のギアを入れ替えて、無理して馴染もうと努力しました。
外科での研修期間は、最も自分の中で「ペルソナ(社会的な仮面)」を作り出して、元気に明るくテンションをあげて取り組んだつもりです。
実際、興味がわかない部分も嘘をついて興味ある風にする感じで研修していました。

そのペルソナの反動でシャドウパーソナリティーな自分というか、素になるというか、家に帰るとその反動で、非常に機嫌が悪くなるというか、人とあまり喋りたくない感じになりました。
そのせいで当時、家族には結構イライラしている自分を出してしまい申し訳なかったな~と反省しております。

発達障害の心理的な構造で、社会では緊張となり「ペルソナ化」を作り出して頑張ろうとします。
しかしその反動で、家庭などでは弛緩となり「シャドウ化」して、例えば、お酒やゲーム、ネット動画などに依存的になったり、甘えたになるなど退行的になります。
そんなタイミングで家庭でも、しっかりしなさいとか、他者の気持も察して~と、家族から気を遣って欲しいというタスクを与えられると爆発してしまいます。
これがDVのパターン構造になることが多いのです。

ちなみに僕は,研修医の時に、精神科に回って、指導医の先生から「作田先生は、そのままの先生でいいんだよ」と言われて、全身の力が抜けたような気がしてすごく楽になりました。
僕にとって、精神科での研修医時代の研修は充実した毎日で、一生をかけて取り組みたい仕事だと思いました。

その頃は仕事で「ペルソナ化」を作り出す必要はなく、素に近い延長で頑張れたので家に帰ってきても家族にイライラして当たるとかは、ほぼ?無くなりました。

社会で「ペルソナ化」が少ない状態で、自分らしく頑張れるようになると、家でもその反動はなくなっていきました。
なるべく「やるべきこと」を手放すと「やりたいこと」が見えてくる。
やらされている感じ、これを減らして初めて自分の中の能動性、自発性が生まれてくる。
「しなくていいことを決めると、人生が楽になる」という題名の本(本田秀夫著、ダイヤモンド社)を一度読んでみてもいいかもしれません。

2021年11月24日水曜日

お母さんにリフレッシュ休暇を!

 診療のやりとりの中で、お母さん自身が『最近、余裕がなくて子どもに当たってしまいます』と吐露されることがあり、僕は、お母さんに対して『気持ちが落ち着いた時でいいから、お子さんに「ごめん、さっきは言い過ぎた」「イライラして、つい叱り過ぎちゃった。ごめんね」と謝ったらいいですよ』と伝える時があります。

児童期以降のお子さんにとって、母から叱責されて自分を否定されたショックは、母から八つ当たりだったと謝ってもらうことで楽になります。
お子さんにとっても『お母さんだって人間なんだから』という認識も持てるようになるので、お母さんは『怒り過ぎたかな?!』と思ったら謝ることが大切です。

その上で、お母さん自身もリフレッシュ休暇を取るようにしてください。
ただどうしても育児や家事は、意識して休むということを共有していないとちゃんと休めない部分がありますから、家族全体(社会全体でもあります)でサポートしてあげて欲しいのです。

お子さんへの八つ当たりが結構強まってきたら、お母さんが疲れてきている証拠です。
是非、お母さんのリフレッシュ休暇を支援していきましょう。

2021年11月17日水曜日

「自立」よりも「自律」を目指して支援する

 「発達障害児」支援において、「自立的」ではなく「自律的」な支援を目指していくことが大事だと感じています。
発達障害の特性のある児童が、なるべく自分自身で出来ることを増やしていく「自立的」アプローチが強く入りすぎると、自分で出来ないことも多いタイプの子らは、それらを人に相談できずに自分で悩みを抱え込むことが増える可能性があります。

結果的に、みんなと同じようにできないと苦悩し、自分はダメだと自尊心は低下していきます。
そしてその延長線上に、
 ⇒・誰にも困ったことを相談しなくなる
  ⇒・他者や社会に対してネガティブな感情や認知が強まっていく
   ⇒・被害的な認知が育つ
    ⇒・心理的、社会的に「ひきこもる」

という悪循環が生じやすくなり、親が発達障害の子どもに対して望んでいた「自立」の反対の方向に至ってしまう可能性が時として生じることがあるのです。

そのため、発達障害児の支援においては「自律的」なアプローチが大事となってきます。
自分で出来ることは自分でやるけど、出来ないことは人にSOSを発信し、相談して人にやってもらって助かった経験を積む。
そこで、支援者に対しての信頼感が生まれ、人にうまく頼れるようになる。

自分でやれること、やれないことを見極め、出来ないとなったら人に相談して助けてもらうスキルとして、ソーシャルスキルも含めた療育的な役割があると思うのです。
支援はあくまでも「自立」よりも「自律」を目指して支援していくことが大事なことが多いと感じています。

2021年11月10日水曜日

早期発見、早期受容!

 病気の多くは「早期発見、早期治療!」といいますよね。
当院では、発達障害の診断は3歳前後からしています。

そこで大事にしたいのは、早期に発見して一般的な疾患のように治すからではなく、発達障害の特性を理解し受容していくことから始めるということです。

特性は、性格よりも変化がしにくい部分で、岩盤のようなものとして捉えて欲しいのです。
本人の合意やモチベーションを育まない状態で、また周囲のサポーターが理解よりも解決を先行させていくと、本人を取り囲む社会はモラハラ的に見えてしまうということが、後々、生じてくることもあります。

そうなると、自分が社会で頑張っていきたいという意欲は生じにくくなります。
その最初の段階で発達障害と診断し、周囲が本人の特性を理解し、受容して、周囲は子どもの変えれること、変えにくいことを理解していくことが大切になってきます。

僕としては特性は変えれなくても、社会的な障壁は減らしたり回避はできる、そこが我々支援者の役割であると思っています。
発達障害においては、早期に診断して、早期に受容して、本人の自尊心がしっかり育まれて、思春期という物心がついてきた際に、前向きに主体的に、自分の人生を能動的に送っていってもらいたいのです。
そのために、自分ができることを日々考えながら診療しています。

2021年11月3日水曜日

苦手克服は物心がつく中学2以降から

 児童精神科医で有名な本田秀夫先生は、「自閉症スペクトラム」という自身の著書のなかで、発達障害の子が苦手なことを克服するタイミングについて、苦手克服をしていこうという本人自身のモチベーションが生まれて、自分と支援者との間で合意形成をして、苦手克服の特訓をしていくことが大事だと述べています。
そのために必要なことが、発達障害を抱えたお子さんの物心がついているかどうかが大事だと言われ、その物心がつく年齢の目安が、思春期年代、つまり中学生年代以降ということのようです。

つまり、発達障害の児童の周囲の支援としては、物心がつくまでは、ある程度甘々で対応し、本人の自尊心をしっかり育んでいくことを大事にしていく。
そして、発達障害の児童の多くが、物心つく年代の中学2年以降(これは、僕自身の推測年代的理解でもあります。)で、苦手なことも特訓していきたいと、本人自身の中で自発的になってきたら、周囲の支援者らは、そこで厳しく関わるという順番が大事だということになると思います。

発達障害の理解が不十分だと、
 ・本人が物心をつく思春期年代までに、本人の特性を変えようと厳しく接する。
  ⇒・本児は変われないことで、本人の自尊心は低下していく。
   ⇒・やがて親自身も、そうした厳しく接しても変化が生じないことで無力感を感じ、自分の育児に対して自責的になる。
    ⇒・子どもが思春期を迎えた頃には、親は諦めの境地となり、対応が甘々になっていく。
という、本田先生のいう理想的な養育の反対になってしまいます。

発達障害の成長は、あと伸びです。
大器晩成ということわざは、発達障害の子のためにあると思っています。
発達障害の児童の成長の、あと伸びの伸び幅を規定しているのは、その子が思春期年代を迎えた時の、物心つくまでの間に、どれだけ周囲から受容的に関わってもらえたかが重要になります。

そのために、「発達障害は、早期発見、早期受容!」が大事になってくると考えていますし、発達障害の実践的な知識が普及していくように切に願っています。

おススメの本は、
ーーーーー
『自閉症スペクトラム
 10人に1人が抱える「生きづらさ」の正体』
(SB新書)著者:本田 秀夫
ーーーーー
です。

この本をたくさんの親御さんや学校の先生や支援者が読んで、自閉症スペクトラムについて理解が促進し、適切なサポートが普及していくといいな~と思っています。

ちなみに、僕自身は、自分のことを、純粋なADHDタイプだと思っています。
僕の母親は、喜怒哀楽の『怒り』という感情がほとんどないのか?僕は、母親に怒られた記憶がありません。
勉強しろと言われたこともありません。
好きなことを好きなようにやらせてくれて感謝です。
僕が万引きをした時も、学校を停学処分になった時も、母は、僕のことを心配はしましたが、怒りはしませんでした。
それでも、一応、こうして医者になれて、それなりに生きれています。
もちろん、自分のできていない部分は多く、それで妻や家族や当院のスタッフには、感謝しております。
養育に叱咤激励はなくても、自尊心を育んで主体的に生きていける「自律」のサポート。
これだけで、養育って、結構いけるんじゃないか?と思っています。

2021年10月27日水曜日

ホームランとか綺麗なヒットじゃなくて、バントヒットとか進塁打でもいいと思えるようになると治療成績は上がる

僕は、保険診療内で少しでも効果的な精神療法を実践していきたいということを重要視している精神科医です。
そのため、定期的に自分の精神療法の個人指導を受けています。


僕の精神療法の指導をしてくれている先生から指導された言葉で「先生の好きな大谷選手だって、毎回ヒットやホームランは打てないでしょう。
バントヒットとか、進塁打とか、小技程度を目指すと治療の幅が広がっていきます。
そして、そうした治療の中での幅が広がっていくことができたら、自然と、先生の力みも脱けていきますよ」と指導してもらいました。


まだまだ自分は、診療で力みが強い状態です。
そういう自分に「バントでいいよ、アウトになっても進塁打でもいいよ」なるべく治療者である自分の設定も、スモールステップでいきたいと思います。


患者さんも、治療者である僕も、無理しすぎないように、共にぼちぼちで行きたいな~と思います。

2021年10月20日水曜日

今の時代の子どもの困難さ

現在のテレビ番組に出てくる子どもタレントって早期成熟だな、と感じることがあります。
非常に賢いし、高い技術があるように思います。


昔から天才子役といわれる子役が定期的に出てきますが、最近でいうと寺田心くんや、少し前なら芦田愛菜ちゃんとか、鈴木福くんとか。
この後の二人は、もう立派な青年になっていますが、昔の子役よりも今の子役は、もう立派に大人な感じですよね。


これは、芸能界だけにとどまらず、一般の社会にも反映されている気がします。


早期教育、早期成長を求められ、それに応えられる子は、もちろんそれでいいけれど、僕みたいに後で成長するタイプ、放牧してくれた方がいいタイプには『生きにくい子ども時代だな~』と、立派な子役をみていると思いました。